本日は「ワードプレスとアメブロの正しい記事の使い分け方」というお話をしていきます。

あなたがブログを集客に使っていて、目的がメルマガ・LINE@に登録してもらう(リスト獲得)ことで

 

ワードプレスとアメブロの記事は、必ず使い分けるべきです。

本日は、その理由を具体的にお話ししていきます。

なぜワードプレスとアメブロの記事は使い分けるべきなのか?

なぜワードプレスとアメブロの記事は、使い分ける必要があるのか?

それは、それぞれ求められているものが違うからです。

たとえば、、

犬というカテゴリーの中でも、飼い犬、警察犬、盲導犬、麻薬探知犬などに分かれますよね。

みんなそれぞれ目的・役割が違います。

盲導犬は、身体が不自由な方を助けるのが目的であり

麻薬探知犬は、麻薬を嗅ぎ分けるのが目的です。

それぞれの目的を達成するために独自の訓練がされています。

これは、ワードプレスとアメブロも同じです。

ワードプレスとアメブロも、ブログというカテゴリーは一緒ですが、役割が全く違います。

これを理解しておかないと、盲導犬に麻薬を探させるようなものです(^^;

ではワードプレスの記事に求められるものが何なのか?

アメブロの記事に求められるものは何なのか?

これを今から具体的に説明していきます。

ワードプレス記事に求められるもの

まずはワードプレスから説明していきます。

ワードプレスの記事に求められるのは、「答え」です。

ワードプレスの記事に集まるアクセスというのは、検索エンジン経由から集まってきます。

この検索エンジン経由から来る人というのは、何か「悩みがある・情報を探している人」なので

それを解決してあげるのがワードプレスの役割りです。

流れはこのような感じです、、

〔具体例〕
最近、腰が痛い(悩み・情報が欲しい)

Googleで「腰 痛い 原因」で検索する(質問をする)

Googleが腰の痛みの原因が書かれているページを表示する(答えを出す)

あなたのブログに訪れる

答えが明確で、それのおかげで問題が解決されれば、読者はその記事を書いた人に感謝し、信頼を寄せます。

結果的にメルマガ・LINE@に登録するという流れが出来ます。

 

まとめ

本日は「ワードプレスの記事とアメブロの記事の”正しい”使い分け方を徹底解説」というお話をしました。

最後にまとめると、、

リスト獲得を目的としてブログを使うのであれば、ワードプレスに書く記事とアメブロに書く記事は分けた方が良い。

なぜなら、求められていることが違うから。

ワードプレスは「答え」

アメブロは「気付き」

が求められている。

読者が求めているものを理解して、それをシッカリ提供できれば

読者は次の行動(メルマガ、LINE@への登録)に移します。

では本日は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました^ ^