本日は、「ストアカ集客」についてお話をしていきます。

ストアカとは、学びたい人と教えたい人を繋げる日本最大級のマッチングサイトです。

ストアカの他にもコクチーズなど、たくさんのマッチングサイトがありますが、その中でも一番オススメなのが今回紹介するストアカです。

特に、このような方にお奨めします。

  • お金をかけずに講座・教室集客をしたい方
  • ブログ・SNSを使った集客に苦戦している方
  • セミナー・講座を開催して新規顧客を獲得したい方
  • 自分の持っているスキル、ノウハウを多くの人に広めたい方

ストアカをお奨めする一番の理由は、ストアカが集客に強い媒体だからです。
講座を開催する際、頑張って告知をしても、思ったように人が集まらなくて苦労することってありませんか?特に、ブログが育っていない時や、独立、起業したばかりの頃は、人脈や資金的な面でも集客って大変ですよね…..。

そんな時こそ、今回紹介するストアカ集客法で、集客の壁を取り外していきましょう!

これまで私は、ストアカで価格帯が980円〜 49,800円の講座を開催してきました。
980円〜2,980円の低額の講座を開催したいと思ったら、ストアカを活用するだけで、一回に3〜4名のお申し込みがあります。しかし、ただ告知をすれば良いものではありません。ストアカの正しい活用方法を理解する必要があります。

そこで今回は、ストアカの使い方、集客力UPの方法を具体的にお話していきます。

では早速本題に入っていきましょう。

ストアカとは

引用先:ストアカ公式サイト

冒頭でもお伝えしたように、ストアカとは学びたい人と教えたい人を繋げる日本最大級のマッチングサイトです。

2012年に設立された比較的新しい会社ですが、すでに累積受講者は120,000人、先生登録は12,000を超えています。

ストアカが出した2017年の統計では、受講者は42.1%:57.9%の比率で若干女性の方が多く、年代では30代が一番多いという結果が出ています。

ストアカには170以上のジャンルがあり、包丁の使い方〜税金関係と幅が広いのも特徴的で、「読売新聞、テレ朝、プレジデントオンライン」といった、テレビや新聞でも多く取り上げられている、今とても注目されている会社です。

ストアカ集客の優位性

では、なぜセミナー・講座集客にストアカを使うべきなのか?この部分についてお話していきます。

ストアカを集客に使うべき理由が5つあります。

  • 集客に強い
  • カンタンに始められる
  • 登録料・初期費用がかからない
  • 『受けたいリスト機能』がある
  • お客様の声(レビュー)が集めやすい

集客に強い

1つ目の理由は、先ほどお伝えしたように、ストアカはとても集客力のある媒体と言うことです。

また私の例で恐縮ですが….
過去に講座に集客した時の話です。セミナー情報.COM、セミナーズ、コクチーズのマッチングサイトで、同時にセミナー募集をかけたところ、ストアカ経由からのお申し込みが一番多かったのです。

実際に過去に僕が講座集客した時の結果を、お見せしたいと思います。
2017年10月21日、22日に講座を開催するために、一ヶ月前の9月20日前からマッチングサイトで募集した時の結果がこちらです。

  • ストアカ / 7名
  • セミナー情報.COM / 3名
  • セミナーズ / 0名
  • コクチーズ / 0名

【ストアカからのお申し込み数】

【セミナー情報.COMからのお申し込み数】

21日のセミナーに3名、22日のセミナーに7名、計10名の方に申し込みして頂きました。
残念ながら、この時のセミナーズとコクチーズが0名でしたが、ストアカからは7名の方がお申し込み頂き、セミナー情報.COMが3名という結果になりました。

もちろん、お客の属性によっては他のマッチングサイトの方が集客しやすいという場合もありますが、それでもストアカが集客力の強い媒体なのが判断できると思います。

簡単に始められる

2つ目の理由は、簡単に始められることです。

ストアカ集客を始めるのに、紛らわしい手続きや、難しい書類を書く必要はありません。

ストアカに登録する際に必要なモノは、下記をご覧ください。

ストアカにおける実名制の先生登録について

安心して参加できる学びのコミュニティの発展と維持のため、ストアカでは教えるユーザー(以下、先生とする)に対して、原則本名とインターネット上で確認できる過去の活動履歴を開示した形での先生登録と、先生ページ上における同情報の開示を義務づけるものとします。 講座開催にあたっての最低レベルの開示情報としては以下3つを定義しています:
1) 原則本名でのユーザーアカウント名の登録、または、活動履歴がわかるユーザーアカウント名の登録
2) 本名の記載や写真の掲載、活動履歴から本人と判別が可能なFacebookまたはその他のSNSアカウント
3) 顔が鮮明に判別できる正面向きの顔が写ったプロフィール画像

なお、生徒と先生が1対1で面談してサービスを提供する「マンツーマン」形式を前提とした開催については、上記に加えてストアカが[本人確認書類]として認めている下記のいずれかの資料の事前登録を義務づけるものとします。
1)運転免許証
2)パスポート
3)住民基本台帳
4)健康保険証
5)住民票
6)国民年金手帳
7)在留カード

引用先:ストアカ 先生ガイドライン

登録料・初期費用が無料

3つ目の理由が、登録料・初期費用が無料なことです。

ストアカを活用するのに、お金はかかりません。

お金を1円もかけずに、19万人へリーチすることができるのです。

受けたいリスト追加機能がある

4つ目の理由が、ストアカ独自の「受けたいリスト」に追加するという機能があることです。

「受けたい」と興味を持ってくれた人が下にある画像の赤枠をクリックすると、受けたいリストに追加されます。

自分の講座を「受けたいリスト」に追加してもらうと、追加してくれた人に、こちら側からセミナーの日程追加や告知配信を送ることが出来るようになります。なので、「今回は参加出来ないけど、次回機会があれば参加したい!」と思っている人に、次回開催時に再度アプローチすることができるので、機会ロスを防ぐことが出来ます。

レビューが集まりやすい

最後は、レビューを集めやすい事です。
ストアカの参加者は、レビューを書くと、ストアカポイント100ポイントがストアカ側からプレゼントされるので、積極的にレビューを書いてくれます。

上記の画像画像は、私が参加者から頂いたものになります。
このようにレビューが増えていくと事で、次に参加しようと思っている人の後押しをしてくれる役割をしてくれます。

良いレビューが集まってくると、ドンドン集客が楽になってくるので、良いレビューをたくさん集めましょう!

ストアカ集客の注意点

これまで良い部分をお伝えしてきましたが、注意点もありますので、これから説明したいと思います。

規約に従う必要がある

ストアカで講座を公開掲載する際、ストアカ運営事務局による審査承認が必要になります。

以下の内容の講座は審査に通らないので、規約に沿った講座を開催するようにしましょう。

(2)コース講座とは、2回から10回までを上限とする、複数回の出席を前提とするコース設計にて開催される講座のことを示します。 なお、コース講座で開催される講座の開催頻度は以下を満たすものとします。

1)1日あたりに実施できる最大開催回数は原則最大1回迄であること。(ただし、土日・平日開催など複数の開催パターンを想定し、やむを得ず一日の開催回数が変則的となる場合を除く)

2)1コースを完結させる最長開催期間は、講座実施回数に関わらず最長6ヶ月間であること。 また、コース講座においての、講座の作成から承認・公開については前項の(1)講座の作成から承認・公開について に準じ、禁止事項は、次項の(3)講座作成にあたっての禁止次項について に準じるものとします。

(3)講座作成にあたっての禁止事項について
特に以下の項目は禁じています。
1)以下方法での講座ページの利用
・本サイトを受講予約プラットフォームとしてではなく、広告媒体として使用する行為
(外部サイトや教室への誘導、受講料の振込先記載・メール・電話の直接予約申込など弊社システムを経由しない受講料の支払いへの誘導など)
・受講料を、過去提示していた金額と比較して著しく高額とサイト運営事務局が判断する水準へ引き上げる行為
・受講料の現地決済の誘導や許容を示す文言
・リアルに対面で参加する形式ではない方法でのスキル提供(例:スカイプ、電話、メールでのやりとりのみでの役務提供など)
・無料、もしくは実質無料とみなされる講座の掲載

2)「実名制の顔の見えるコミュニティ」の定義から逸脱する情報開示
・個人の活動を表すものとして開示されているウェブサイト、SNSリンクなどにおいて、活動履歴がわからない
・偽名を使用したSNSアカウントの使用の疑いが持たれる
・個人の顔が見える写真を使わない

引用元:ストアカ先生ガイドライン

手数料の高さ

ストアカは、登録料・掲載料は1円もかかりませんが

講座の開催が成立して売上が確定すると、販売価格から手数料が引かれます。

そして、手数料には2種類のレートがあります。

画像にも書いてある通り、【自己集客シェアレート】【通常レート】の2種類があります。

この2つの違いは、

自己集客シェアレート⇒自分経由(ブログ、SNS、メルマガ)で集客した時のレート
通常レート⇒ストアカ経由で集客した時のレート

自身で運営しているメディアがあり、そこから集客出来るのであればセルフシェアレートで手数料が10%ですが、ストアカ経由で集客する場合は、月間売上5万以下は20%の手数料がかかります。

…….正直言うと、20%の手数料は痛いですよね?そこで、ストアカはこのように使うことをオススメします。

ストアカの正しい使い方

ストアカは、1000円〜5000円ほどの低価格で、気軽に参加できる講座が人気です。
高価格帯のセミナー・講座には向いていません。もし、あなたが高価格帯の商品があって、それを販売したいと思うのであれば、ストアカではお試し講座を募集し、その講座に来てくれた人に対して高価格帯の商品をオススメしてあげる。このように使うと良いでしょう。

先ほどもお伝えしたようにストアカは手数料が高いので、高価格帯の講座来てもらうための接点作りにすると良いですね。

ちょっと嫌な言い方になってしまいましたが…..。

お申し込み率を上げる6つのコツ

次は、お申し込み率を上げる6つのコツをお伝えしていきますね。
ただストアカでセミナーを募集するだけでは中々お申し込みに繋がりません。なので、お客が「この講座に参加したい!」と思ってもらう必要があります。

その為には、この6つを意識しましょう。

  • アイキャッチ画像
  • 講座タイトル
  • プロフィール
  • 開催場所
  • 時間・曜日設定
  • 参加者特典

読者をグッと惹きつけるアイキャッチ画像

ストアカ内には、10,000以上の講座が登録されています。
その中から自分の講座に興味を持ってもらうためには、アイキャッチ画像で読み手を惹きつける必要があります。

下の画像の赤枠にあるのが、私が実際に使っていたアイキャッチ画像です。

この私の講座は、輸出ビジネスについての講座です。
輸出に興味がある方は、日本のことに誇りを持っている、グローバル思考な方が多いので、今回は着物を着た女性の画像をアイキャッチにしました。

アイキャッチ画像を選ぶ基準としては、正面を向いている人物や、どのような講座なのかが一瞬で伝わるものが良いです。

もし、良い画像がお手元にない場合は、無料でアイキャッチ画像が手に入るサイトがいくつかあるので、こちらから無料ダウンロード出来るので、一度目を通してみてましょう。

無料で高品質な画像が手に入るサイト

Pixbay 

PAKUTASO

写真AC

※クリックすると公式ページに飛びます

セミナータイトルを魅力的にする

アイキャッチ画像で読み手を引きつける事ができれば、次にセミナータイトルに目を通します。
下の赤枠部分が講座タイトルです。

お客様が講座に『参加するか・参加しないか』は、全てタイトルにかかっています。

これは大げさに言っている訳ではありません。集客が出来るか・出来ないかは、タイトル次第と断言します。
これまで、セミナーに参加してくれた方に「セミナーに参加しようと思った理由は何ですか?」と聞くと、「タイトルを見て興味が湧きました」など、タイトルで決めたという答えが圧倒的に多かったのです。

ストアカのタイトルの制限が33文字までとなっているので、33文字以内で興味を掻き立てる講座タイトルを考えましょう。

セミナータイトルの考え方については、こちらの記事人を惹きつけるセミナータイトルで集客力を劇的にUPさせるコツと例で説明しているので、是非チェックしてみてください。

プロフィールを充実させる

講座に興味はある、「でも本当に」参加しようか迷っている人は、必ずプロフィールを確認していると思ってください。

講師はどのような人物なのか、今までどのような事に取り組んできたのかを読み手は知りたいと思っているので、プロフィールはシッカリ書きましょう。

お客の属性に合わせて開催場所を選ぶ

開催場所を選ぶ際は、自分に都合が良い場所を選ぶのではなく、お客の属性に合った場所を選びましょう。

たとえば、、、

・仕事帰りの会社員向けの講座なのであればビジネス街に近い場所

・主婦向けの講座なのであれば住宅街に近い場所

自分の都合で選ぶのではなく、お客の属性に合わせましょう。

お客の属性に合わせた時間・曜日設定にする

開催地域と同じように、時間・曜日もお客様の属性に合わせましょう。

もし、あなたのお客の属性が、3~4才の子供がいる主婦なのであれば、子供を幼稚園に送り出した後の、10時〜12時がベストかもしれませんね。

サラリーマンなのであれば、仕事終わりの18時〜20時、もしくは土曜日に開催すると、参加しやすくなりますよね。

なので出来るだけお客の属性に合わせた、時間・曜日設定にしましょう。

参加者特典を用意する

セミナーに参加してくれた方だけに特典をプレゼントする事で、集客力アップにつながります。

たとえば、、、

  • 当日使ったスライド資料
  • 動画
  • 個別相談

僕の場合は、講座に関連した動画を特典としてお渡ししています。

動画は、セミナーに参加しないと視聴できないので、キャンセル率を下げることにも繋がるのでオススメです。

開催場所の見つけ方

次は、開催場所の見つけ方についてお伝えしていきます。

自宅、店舗で実施する方は大丈夫かもしれませんが、もし場所を借りる必要がある方は、、、

ストアカは、開催場所のサポートをしているので、こちらを1度見てみましょう→「ストアカ 全国で教室が開催できるスペース一覧

ストアカの他にも、安く、綺麗な貸会議室を貸し出しているサービスがいくつかあります。

例えば、スペイシーTKPを私は頻繁に使っています。

講座を開催するときは、貸会議室を借りるのが一般的ですが、もし、貸会議室を借りる余裕がなければ、カフェで開催しても問題ありません。最初は少人数制でカフェで開催して、実績やレビューが増えてきて、人がドンドン集まるようになってきてから貸会議室にシフトするのも有りです。

最後に

それでは今回を伝えしたことをまとめますね。

ストアカとは、学びたい人と教えたい人を繋げる日本最大級のマッチングサイトです。

そして、セミナー集客にストアカがオススメな5つの理由が↓

  1. 集客に強い
  2. 2〜3日で始められる
  3. 登録料・初期費用がかからない
  4. 『受けたいリスト機能』がある
  5. お客様の声(レビュー)が集めやすい

この5つの理由です。

そして、ストアカを活用して「生徒・講座集客をしよう!」と思ったら、今回紹介したお申し込み率を上げる6つの方法↓

  1. アイキャッチ画像で興味を引く
  2. 一瞬で惹きつける講座タイトル
  3. プロフィールを充実させる
  4. お客の属性に合わせて開催場所を選ぶ
  5. お客の属性に合わせた時間・曜日設定にする
  6. 参加者特典を用意する

これらを参考にしてみてくださいね!

この記事が、あなたのお役に立てれば嬉しく思います。

もし役に立ったと思ったらシェア、イイネ、はてなブックマークをしてもらえれば嬉しく思います^ ^

最後まで読んで頂きありがとうございました!