ネット集客を始めるファーストステップは、ネットメディアを作ることです。

なぜなら、どれだけ良質な情報(スキル)を持っていても、それを知ってもらえなければ、ただの宝の持ち腐れだからです。

歌手に例えるなら、最高の歌声と曲を持っているが、それを披露する場所がないようなものです。しかし、メディアと聞くと、、

「華やかに、派手に、露出を多めに・・・」

このようなイメージがあり、中々、1歩目を踏み出せないという気持ちが少しでもあるかもしれません。

そこで本日は、「目立つのが苦手な起業家のためのメディア戦略」をテーマにお話をしていきます。

ここで得られるものは、目立つことをせずにメディアを活用して集客をしていく方法です。

では前置きはここまでにして、早速本題に入っていきましょう。

ネットメディア戦略とは?

マスメディアとネットメディアの違い

ネットメディアの仕組みを理解するには、「マスメディア」と「ネットメディア」の違いを知っておく必要があります。なぜなら、この2つを一緒のものと捉えてしまうと、ニュートラルのまま発進しようとするようなものだからです。

マスメディアとは

  • テレビ
  • 雑誌
  • 新聞
  • ラジオなど

ネットメディアとは

  • オウンドメディア(ブログ、自社サイト、ポータルサイト)
  • SNS活用
  • ネット広告など

マスメディアとは、一人でも多くの人に情報を刷り込むことが目的。

ネットメディアとは、必要としている人に情報を見つけてもらうことが目的。

このように、この2つの目的はまったく異なります。

ネットメディア戦略とは?

ネットメディア戦略とは「ネットメディアを通じ、良質な情報を必要としている人に見つけてもらう」施策です。

必要としている人に見つけてもらうここの部分を強調したように、ネットメディア

今ネットメディアを持つだけでは、あなたの商品(サービス)を見つけることは簡単ではありません。

なぜなら、今WEB上には天文学的数のページがあるからです。

 

ネットメディア戦略の必要性

インターネットの台頭

これまでメディアと表現されていたのは、マスメディアと言われる、テレビ・雑誌・新聞・ラジオ、この4つでした。しかし、今この記事を書いている2018年現在、世間ではこのように言われています。

「若者のテレビ離れ、ペーパーレス化(紙媒体のデジタル化)」

あなたも一度は聞いたことがあるかもしれません。
こう言われ始めた背景には、ネットが普及したところにあります。こちらのデータをご覧ください。

引用元:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

これは二年ほど前のデータですが、それでも8割以上の人が、既にインターネットを利用しています。

むしろネットを使っていない人の方が珍しいですよね。

20年ほど前までは、情報を受け取るには「テレビ・雑誌・新聞・ラジオ」の力が必要でしたが、もう今は、スマホを使えば情報が欲しいと思ったときに、情報を受け取ることができます。しかも無料で、且つ、すぐに。

このように、ネットで情報が無料で手に入る状況の中、こちら側から積極的にテレビ・雑誌・新聞・ラジオの情報を受け取る必要性が低くなったということです。

今の時代に合わせるなら、大きく露出して、できるだけ多くの人に刷り込むよりも、必要としてしている人にネット上から見つけてもらうやり方が、今の時代にはマッチしていると言えます。

大量情報社会

2018年6月時点のウェブ総数
引用元:MILL fot business

上記の数字は、ネット常にあるウェブサイト数です。これがウェブページになると、単位が兆に変わります。

インターネットのおかげで、情報をすぐに受け取ることが出来るようになったのはメリットです。

但し、それに伴うデメリットも浮き彫りになりました。それは、情報量が多すぎるということ。

一見、情報が多いことはメリットに感じますが、情報量が多いことで「情報を提供する側」と「情報を受け取る側」も、本当に必要な情報を探す上で工夫する必要が出てきました。これを分かりやすいように例え話をしましょう

1週間後、あなたの大切なご両親の10回目の結婚記念日だとしましょう。

結婚記念日というのは、夫婦にはとても大切な日です。

そこであなたは両親を喜ばせようと、日頃のお礼も込めてディナー券をプレゼントしようと考えました。

さて、あなたは両親にどのような場所で食事を楽しんでもらいたいですか?どのようにして理想のお店をみつけるでしょうか?

結婚してから節目となる大切な日です。
記念日に相応しいサービス・雰囲気を味わえるお店はどこなのか?友人に相談したり、ネットで検索したりして探すことでしょう。

ネットで検索しているあなたは次のように考えています。

・人生に一度しかない大切な日だから失敗は出来ない

・両親の趣向に合ったお店を紹介したい

・記憶に残る一日を過ごして欲しい

「ジャズが流れている、隠れ家的でムーディーなお店」

と呟きながら、中々決めることが出来ずにいます。

情報を提供する側は、いかに

・・・ここまでイメージ出来たでしょうか?

情報を受け取る側に必要なのは、検索力(キーワード選定力)が必要です。

情報を提供する側に必要なのは、必要としている人に見つけてもらいやすくするための施策です。いかに、検索されやすい

そうです、これがネットメディア

これから活用すべきネットメディア

ここまでの解説でネットメディア戦略の必要性を理解してもらえたと思います。

ここからは、少し掘り下げてお話をしていきます。

まず結論から先に言うと、目立つのが苦手な起業家が活用するべきは「オウンドメディア」です。

オウンドメディア(Ownde Media)とは、トリプルメディアの1つで、意味は「所有メディア」のこと。トリプルメディアとは、、

1, オウンドメディア(Owned Media)
所有メディア:ワードプレスブログ、自社サイト、ポータルサイトといった自分が所有するメディア

2, ペイドメディア(Paid Media)
有料メディア:影響力のある他者サイトに有料で広告するメディア 例,Googleアドセンス

3, アーンドメディア(Earned Media)
共感メディア:Twitter、FacebookなどのSNSを通して価値観を共有するメディア

さらに、このオウンドメディアの中でも、情報発信に最適なのがワードプレスブログです。今あなたが見ているこのブログもワードプレスで作られたものですよ。

WordPress (ワードプレス)は美しいサイトやブログ、アプリを作るためのオープンソースソフトウェアです。

引用元:WordPress.org

※「アメブロ」「はてなブログ」などの無料ブログは、自分で所有できない(ドメイン、サーバーの権利がない)ものなので、アーンドメディアの部類になります。

では、なぜ情報発信にはワードプレスブログが最適なのか?

ワードプレスブログが最適な2つの理由

検索されやすい

下記のデータを見てもらうと分かるように、スマホでネット検索する際、もっとも使われているのはGoogleです。

2014年 日本のインターネット利用者数ランキング
引用元:ニールセン

Googleと、ワードプレスは相性がとても良いのです。

当時のGoogleの検索エンジン開発部門の責任者マット・カッツさんや、数多くの専門家がワードプレスの効果(SEO)を認めているほどです。

ワードプレスブログは資産

ワードプレスブログと他メディアとの大きな違いは、資産になるか・ならないかです。

ワードプレスブログは資産になります。

資産とは、有形・無形の財産に関する会計上の概念。企業によって所有され,短期および長期にわたって営業目的に経済的に貢献する一定の金銭的価値をもつ財貨・権利をいう

引用元:コトバンク

ビジネスを中〜長期続けていく上で、自分に100%所有権がある資産性のあるメディアが必要です。

例えば、あなたがアメブロを使って集客してれば、、

アメブロは商用利用禁止なので、もし、アメブロ側が、、

「(この人のブログはビジネス目的だな)ハイ削除しまーす!」

こうなると、当然、アカウントを消されます。

そうなれば今までの投稿がすべて消えてしまうし、それまでに使った時間も失われます。

FacebookやインスタといったSNSも基本は同じです。Facebookなんて、最近、リンク投稿出来なくなってきていますからね。

今までFacebook投稿するとき、集客目的の人っていうのは、メルマガに誘導したり、自分のブログに誘導するためのリンク(URL)を貼っていたと思うんだけど、これが出来なくなっているんです。

こういった事もあって、Facebookを使って集客をしている人には、いつFacebookがネクストMixi(ミクシィ)になるか分からない訳ですよ。

SNSは流行り廃りがとても激しいので、「インスタ映えー!」って昨日まで言ってたのに、次の日には死語になっていたりします。(死語も死語になってる?笑)

要は、デッカイ会社の名前を借りて集客するのは、短期視点で見ると有効なんだけど、中〜長期的に見たら、かなりリスクが高いということ。

高島屋の中に出店すれば、自力で集客しなくても、高島屋のネームバリューである程度お客さんを集客することが出来るけど、高島屋が傾けば、自然とあなたのお店にも人が来なくなるのと一緒。

その時はビジネスが上手く行っていても、いつそれがダメになるかわからない訳です。

専門家ポジションを獲得することが出来る

 

 

パソコン操作に自信が持てないあなたへ

「パソコン操作が苦手だから、ちょっと自信がないな・・・」

こう思ったあなたのために、

 

最後に

繰り返しになりますが、良質な情報だけを持っていても、その情報を見つけてもらえなければ、それは宝の持ち腐れです。

そして、ただメディアを作るだけでは、見つけてもらえません。なので必ず、戦略を持ってメディアを運営していく必要があるのです。

今回、メディア戦略の必要性を感じてもらえたなら、次回の記事も楽しみにして頂ければと思います。