あなたは、他者のブログを読んでいて、このように思ったことはありませんか?

「良い記事だな、でも記事の更新日は一年前か….この情報はまだ通用するのかな?」

 

これは、あなたのブログに訪れた読者も同じことを思います。どれだけ説得力のある記事を書いても、更新日がだいぶ前になってしまうと、信憑性が低くなってしまうのです。

このように思えば、恐らく、×ボタンを押して、違うブログやサイトで再度情報を探すのではないでしょうか。

もちろん、定期的にブログを更新出来れば良いのですが、どうしてもブログを更新出来ない時ってありますよね。

本日は、そんな時のカンタンな対処法をご紹介します。

ブログの情報をフレッシュな状態へ

Twitterは、情報発信や集客の他にも使い道があります。
それが、常にブログが稼働しているように見せるという使い方です。

ブログを長期間放置してしまうと、ブログから腐敗臭がして来ます。この腐敗臭を消す、消臭剤の役割をTwitterが果たしてくれます。

ブログにTwitterが表示されていると、「この記事は一年前のものだけど、Twitterを見たら2日前に更新してるし、信用できそうだな」と、読者も納得してくれるでしょう。

しかも、Twitterは文字数280文字なので、感じたことや、思ったことを呟くだけ程度なので、忙しい時でも更新しやすいですよね?なので、ブログが定期的に書けない時は、Twitterを使って呟くようにしましょう。そうすれば、あなたのブログから腐敗臭が漂うことはありません。

では次に、あなたのブログのサイドバーにTwitterを埋め込む方法を、順番に説明していきます。

ブログのサイドバーにTwitterを埋め込む方法

1, Twitterにログイン・トップページを開く

画像にある青枠はあなたのTwitterのURLです。

これは後ほど使うので、最初にコピーをしておきましょう。

次は、右上の水色のツイートボタンの隣にプロフフィール写真(僕でいうとF)をクリック。

クリックすると、色々なカテゴリが出てくるので、ここで赤枠「設定とプライバシー」をクリック。

2, Twitterのウィジェット作成

このような画面が出てきたら、「ウィジェット」をクリックします。

ウィジェットをクリックすると、「新規作成」というボタンが出てくるので、そちらをクリックします。

続けて「プロフィール」をクリックします。

3,TwitterのHTMLを作成する

はじめにコピーしておいた、あなたのTwitterのURLを入力します。

そして「→」のボタンをクリック。

2つのディスプレイオプションが出てくるので、左側をクリックする。

4,セットカスタマイズを設定する

この画面が表示されたら、赤枠の「set customization options」をクリック。

 

左の赤枠に、500と入力してください。

Hightは高さの設定です。500じゃなくても400でも問題ないので、あなたの好みに合わせて入力してください。Width(横幅)は入力する必要はありません。

そして「Update」をクリックします。

ここでTwitterの詰め込み用HTMLコードが形成されたので、「Copy code」をクリックします。

5, ワードプレスのサイドバーにTwitterを設定する

ここからは、ワードプレスでの設定作業になります。

ワードプレスの外観から、ウィジェット画面を表示させます。

そして、「テキスト」をサイドの表示させたい場所にドラッグ&ドロップします。

タイトルに「Twitter」(ここもお好み)と入力し、テキストの場所にTwitterの埋め込み用HTMLを貼り付けます。

6, 表示されているか確認する

 

これであなたのブログのサイドに、Twitterが表示されたら完成です。

最後に

お疲れ様でした。
思っていたより簡単で、早く終わりましたか?

これであなたのブログから腐敗臭がすることが無くなりました。次回もブログ運営に役立つ情報を随時配信していきます。

本日は「ブログのサイドバーにTwitterを埋め込み情報の陳腐化を防ぐ方法」についてお話をしました。